当サイトではワインに合うおつまみや通販を紹介

日本に昔から存在していたお酒と言えば、日本酒や焼酎、梅酒などが良く知られています。
これらお酒は日本人にとって馴染みがあり、古くから親しまれてきました。

それに対しワインはもともと海外で生まれたお酒。
初めて日本に入ってきたのは安土桃山時代、ポルトガルの宣教師・フランシスコ・ザビエルによって伝えられたと言われています。
舶来のお酒なので一般庶民が気軽に口にできるようになったのは割合最近になってからです。

1964年の東京オリンピックの年から、日本ではワインブームが何度となく起こっていますが、ワインブームが起きた理由は外国産ワインの輸入自由化や紙パックのお手軽ワインの登場、バブル期のボジョレー・ヌーヴォーブーム、低価格で楽しめる国産ワインの登場などがあげられます。
今はワインに含まれるポリフェノールが健康増進に役立つと盛んに言われており、健康のためにワインを楽しむ方が増えました。

このサイトでは幾度となく起きたワインブームですっかり家庭の中に定着したワイン、そのワインに合うおつまみや通販についてまとめています。
実際の販売価格やワイン関連グッズを含めた取扱いアイテムが知りたいという方は、こちらの通信販売サイトを是非参考にしてください。

ワインに合うおつまみとは?

海外ではすでに食事と一緒にワインを飲む事が習慣化しており、食事が欧米化している日本でも、ワインと食事を一緒に楽しむ方が増えています。
様々な研究の結果ワインに含まれるポリフェノールに健康効果があると言われており、健康増進のためにワインを楽しむ方も少なくありません。
すきっ腹でワインを飲むとアルコールの吸収が早く、お酒に弱い方は悪酔いしてしまう可能性もあります。
「ちょっとワインを飲みたい」時には、一緒におつまみを食べると酔いにくくなる効果もあるため、ワインのお供におつまみはおすすめです。

ワインと合うおつまみの代表はチーズ・生ハム・ドライフルーツやナッツ・チョコレート・スナック菓子(ポテトチップス)、ショートパスタ、パンなど。
特に多くの方から好まれているのがチーズや生ハムです。ちょっと高級なチーズをおつまみにしてワインを味わえば、やはりリッチな気分になりますね。

ワインのおつまみとして代表的なチーズ

ワインのおつまみと言えば代表的なものがチーズ。
適度な脂肪分を含み悪酔いを防いでくれますし、ワインの本場フランスでは「ワインの最良の友達はチーズ」とまで言われています。それほどまでにワインとチーズは相性が合うのです。

昔、スーパーなその小売店で販売されていたチーズは種類も少なく選べなかったのですが、今はワインブームに影響され、店頭で販売されているチーズの種類もかなり増えました。
「フレッシュタイプのチーズには酸味の効いた白ワイン」「若いチーズにはライトボディのワインが合う」など、それぞれの味覚やセンスに合わせて自由に選べるのが魅力です。

生ハムやパンも相性抜群

ワインはチーズだけではなく、生ハムやパン、ショートパスタなども相性が良いです。
特に塩気のある生ハムと甘みのある白ワインとは相性抜群で、「生ハムとワインの組み合わせは止められない」と言われる程人気があります。

生ハムだけではなく、パンやショートパスタと一緒にワインを楽しむ方も多いですね。
パンにチーズを乗せたりオリーブオイルをかけると風味が増しさらにワインも美味しく感じられます。チョコレートやナッツ、ドライフルーツなど甘いおつまみは甘口のワインにもよく合います。

ワインの種類によっておつまみを変えていくと満足感も高くなります。まずは定番おつまみから始めてみましょう。